つまりの水のトラブルは自分で対処できる場合がある

和式トイレのトラブルの中には、自分で対処できることがあります。便器のつまりは洗剤などを使用して改善できることがあるため、その方法を知っておくと万が一のトラブルの時に便利です。いくつかの方法があるので、試してみるといいでしょう。

■お湯や洗剤を使用してつまりを改善

和式トイレの水のトラブルの中でも、比較的対処が容易なのが水のトラブルです。詰まった時の対処法で最も簡単なのは50度程度のお湯を一気に流す方法です。これによってはつまりの原因となるトイレットペーパーが流れやすくなります。また専用の洗剤を使用する方法も簡単です。さらにラバーカップを使用してみる方法でもいいでしょう。これらの方法で試してみるとつまりが改善されることがあります。



■つまりが改善されない場合は業者に依頼する

水のトラブルの中でも対処が比較的簡単なつまりですが、お湯や洗剤などを使用しても症状が改善されない場合もあります。また症状が頻繁に起こるような場合もあります。このような場合は自分で対処することはやめて、水道 工事の業者に連絡をしましょう。つまりが深夜や早朝に起こるとトイレが完全に使用できません。このようなことにならないために、深夜や早朝などにも対応してくれる業者を見つけておくとより安心です。



■まとめ
トイレの水のつまりは比較的多く起こるトラブルですが、お湯や洗剤などを使用して対処できます。ただそれでも改善されない場合は、速やかに業者に連絡をし、診断をしてもらう方がいいでしょう。そうすれば今後につまりが起こることがありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ