和式トイレで起きやすい水のトラブル

温水洗浄便座を採用している家庭も多いですが、中には和式トイレにしている家庭もあります。和式トイレも急に水のトラブルが起きることがありますが、その症状を知ってくことが大切です。そうすれば慌てることなく対処が可能になります。

■水が流れない水のトラブルが特に起こりやすい

和式トイレで特に起こりやすい症状は水が流れないというものです。タンクの中に水が入っているのに水が流れない、またトイレタンクに水が溜まらないことで水が流れないという症状もあります。どちらにしてもこの状態ではトイレを使用することができません。水が流れない症状は自分で対処することは難しいものです。そのため使用をせずに速やかに修理業者に連絡をする必要があります。自分で対処しようとして悪化することもあります。




■業者には水が流れないことを伝える

和式トイレの水が流れない症状が起こった場合には、水道 修理の業者に連絡をしますが、その際にトイレの水が流れないことを伝えます。業者は電話連絡後に自宅に診断のために訪問に来ます。その際に良心的な業者であれば見積もりを出し、修理をする場合の料金を案内してくれます。見積額に納得すればすぐに修理が行われます。事前に良心的な業者を知っておけば、早く修理を行うことができて安心です。




■まとめ
和式トイレで起こるトラブルで特に多いのが水が流れない症状です。この症状が出ると慌ててしまいますし、トイレが使用できないため困りますが、すぐに業者に連絡をして再度トイレが使用できるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ